第6回:OracleCloudとAmazonRDSの価格&性能比較結果~日本リージョン対決~

情シス担当者向け・他の会社はどうしてる?DBお悩み相談

本記事は、「第4回:OracleCloudとAmazonRDSの価格&性能比較結果」の日本リージョン編です。各クラウドの価格や性能を評価してみました。

目次

1.検証背景

Oracle Cloudの日本リージョンが誕生しましたので、「日本リージョン対決」と題して、AmazonRDSと価格性能調査を実施しました。

2.検証目的

以下、各クラウドのサービス概要についてはWebで公開されていますが、価格/性能の詳細については不明瞭です。本検証では、実際にクラウド環境を利用した比較検証を行い、第三者の観点で、価格/性能を評価することを目的とします。

サービス名 サービス形態
Oracle Database Cloud Service(Oracle Cloud) PaaS
Amazon Relational Database Service(Amazon RDS) PaaS

3.検証環境

本検証では一般的なデータベースの開発環境を想定し、以下環境での価格/性能を比較しました。

DBプロダクト

Oracle Database 18c Standerd Edition (シングル/ライセンス込み)

物理構成

サービス名 CPU メモリ DB領域 ディスク種別 構成
Oracle Cloud 1OCPU 15.00GB 256G 指定なし シェイプ・タイプ:VM.Standard2.1
Amazon RDS 2vCPUs 15.25GB 256G 汎用SSD DBインスタンスクラス:db.r4.large

※CPUは1物理コア(2論理コア)で合わせた。また、Oracle CloudはDBCS(OCI Classic)ではなく、最新の「第2世代アーキテクチャ」(OCI DBaaS)を利用。
 DB領域はOracle CloudのOCI DBaaSの最低が256GBであることからAWS RDS側を合わせた。

4.検証方法

検証方法:性能

検証No. 検証概要
1

DBMS_RESOURCE_MANAGER.CALIBRATE_IOでの物理I/O性能の確認

データベース管理者ユーザで接続し、サーバサイドのDBMS_RESOURCE_MANAGERパッケージを利用し計測。

2

1GBデータのINSERT時間の測定(1/3/6/9多重で計測)

ネットワーク速度の影響を無くす為、データのインサートはPL/SQLブロックにてサーバサイドでINSERTし計測。

3

1GBデータのSELECT時間の測定(1/3/6/9多重で計測)

ネットワーク速度の影響を無くす為、SELECTデータのフェッチはレコード件数とした。
また、物理I/O性能の測定を目的としていることから、索引は構成せず、テーブルフルスキャンにてSELECTし計測。

4

1GBデータのSELECT時間の測定(1時間毎に24時間計測)

時間帯による性能の差異がないか、3と同様の方法で各時間帯での性能を計測。

※各検証は計測前に毎回データベースの共有プール/バッファキャッシュをクリアし、物理I/Oの性能を確認できるように配慮した。また、Oracle Database の初期化パラーメータ等、構成の変更は行わず、デフォルト構成での比較としました。

検証方法:価格

上記検証を含む1週間(168時間)での、各クラウドからの請求書にて価格比較を行いました。
(検証時に実行したSQLは各クラウドで同一とし、1週間(168時間)経過後、環境を削除)

サービス名 課金区分 リージョン
Oracle Cloud 従量制(Pay as you go) 日本東部(東京)
Amazon RDS 従量制 東京

5.検証結果

検証結果:性能

検証No.1:DBMS_RESOURCE_MANAGER.CALIBRATE_IOでの物理I/O性能の確認
サービス名 IOPS MB/s latency
Oracle Cloud 15052 118 3
Amazon RDS 6480 48 19
評価:Oracle Cloudは「第4回:OracleCloudとAmazonRDSの価格&性能比較結果」の結果ほどI/O性能が出ていないことから、以下、今回利用した「第2世代アーキテクチャ」(OCI DBaaS)ではIOPSの制御が実装された可能性も考えられます。それでも、結果としてAmazon RDSよりも早い性能が確認されました。

  前回:DBCS(OCI Classic)
  今回:OCI DBaaS(第2世代アーキテクチャ)

  ※Oracle CloudのDBCS(OCI Classic)は日本東部(東京)リージョンでは利用できなくなっています。
  (US East リージョンではまだメニュー上にDBCS(OCI Classic)が存在しますが、
   最終的にはOCI DBaaSに統合されていくと考えられます。)

検証No.2:1GBデータのINSERT時間の測定(1/3/6/9多重で計測)
dbeitd06_01.png
評価:両クラウドの大きな差は確認されませんでしたが、多重度が上がるにつれて若干AWS RDSの方が有利な傾向が確認されました。
検証No.3:1GBデータのSELECT時間の測定(1/3/6/9多重で計測)
dbeitd06_02.png
評価:多重度が上がるにつれてIOPSが高いOracle Cloudが有利な結果となりました。
検証No.4:1GBデータのSELECT時間の測定(1時間毎に24時間計測)
dbeitd06_03.png
dbeitd06_04.pngdbeitd06_05.png
dbeitd06_06.png
評価:AWS RDS/Oracle Cloudは、時間帯における大きな性能差異は確認されませんでした。

検証結果:価格

サービス名 請求金額
Oracle Cloud \9,034
Amazon RDS \12,200

/files/5815/7673/3515/dbeitd06_0708.png

評価:本検証における構成で、同期間(検証を含む1週間(168時間))利用した場合、Oracle Cloudの方が若干安い結果となりました。

6.総括

各クラウドの特性/注意点を総括として以下に示します。

Oracle Cloud Amazon RDS
性能 物理I/Oが高速(IOPS保障なし) 物理I/Oが低速(IOPS保障あり)
価格 若干安い設定 若干高い設定
構成 設定の自由度は高いがDBを壊す可能性がある DBを壊すことが出来ないように十分配慮されている
保守 マニュアルが分散しており、分かりづらい マニュアルが纏まっており、分かりやすい
運用 管理GUIの変更が頻繁で、煩雑な印象 管理GUIが洗練され、操作も確立されている

本検証では、Oracle Cloudの性能/価格が共に良好な結果でありましたが、Oracle CloudはDBCS(OCI Classic)から「第2世代アーキテクチャ」(OCI DBaaS)へ変わっていることから利用の際は注意が必要です。

今回利用のOracle Cloudの第2世代アーキテクチャでは「Identity and Access Management Service(IAM)」、「Virtual Cloud Network(VCN)」、「可用性ドメイン(AD)/フォルト・ドメイン(FD)」等も加わり、AWSとの機能的な差は縮まっているように感じられました。また、Oracle Cloudは西日本リージョンの開設も予定されていることから、国内でDR環境を構成できるようになる大きなメリットがあり、今後、クラウド選定の要素になりそうです。

※弊社では性能/価格のみで安易にクラウド基盤を利用するのではなく、「アプリケーションとの親和性」「移行方式」「ネットワーク」「セキュリティー」「保守/運用」等を含め、総合的に基盤を選定することが重要と考えております。