Oracleエラー対応(TNS-00525):リスナー起動がTNS-00525により失敗したときの対応方法

Oracleエラー対応(TNS-00525):リスナー起動がTNS-00525により失敗したときの対応方法

現役DBAが解説 ~Oracleエラー対応~

エラーメッセージ

TNS-12555: TNS:permission denied
  TNS-12560: TNS:protocol adapter error
   TNS-00525: Insufficient privilege for operation
    Linux Error: 1: Operation not permitted

原因

/var/tmp/.oracle 配下のファイルに適切な権限が付与されていない場合にリスナーの起動に失敗します。

解決策

/var/tmp/.oracle 又は /var/tmp/.oracle 配下のファイルに適切な権限が付与されていない場合にエラーとなるため、権限を設定する必要があります。

1./var/tmp/.oracle 配下のファイルの権限を確認

ls -l /var/tmp/.oracle | grep LISTENER

2.適切な権限を付与

例: 権限付与コマンド

cd /var/tmp/
chown oracle .oracle
chgrp dba .oracle
chmod 777 .oracle

3.リスナーを起動

LSNRCTL> start listener