第2回:MariaDBのライセンスについて

第2回:MariaDBのライセンスについて

MariaDB超入門

前回は、MariaDBについての連載の初回として、MariaDBの概要についてご説明しました。
第2回となる今回は、MariaDBから派生したDBであるMySQLと比較してご紹介します。

1. MariaDBのライセンス形態

MariaDB は、GPLライセンス(General Public License)というライセンス形態になっています。
GPLライセンスとは、リチャード・ストールマンにより作成されたフリーソフトウェアライセンスです。プログラムの実行や複製、再配布、改変が自由にできるライセンス形態です。

2. MySQLのライセンス形態

MySQLもMariaDBと同様にGPLライセンスのMySQL Community Edition が存在しますが、オラクル社が販売する商用ライセンスのMySQL Standard EditionやMySQL Enterprise Edition、MySQL Cluster Carrier Grade Editionなども存在しており、デュアルライセンスの形態で提供されています。

なお、商用ライセンスは24時間/365日体制のサポートを受けることができます。エディションによって機能制限があり、上位グレードではクラスタ機能や監視、バックアップ用の追加ソフトウェアを利用することができます。

3. MariaDBとMySQLのライセンス形態のサマリ

  MariaDB MySQL Community Edition MySQL Standard Edition 以上
ライセンス形態 GPL GPL 商用
サポート
プログラムの複製 不可
プログラムの再配布 不可
プログラムの改変 不可
機能制限

次回は「WindowsにMariaDBをインストール」を公開予定です。