代表者挨拶

挨拶

日本経済は、先進国を中心とする高齢化をはじめ、
世界規模での人口増加や温暖化といった大きな環境変化の中にあり、
様々な問題が複合的に発生しています。

また、AI・IoTなどの技術の発展に伴って
デジタルトランスフォーメーションが進み、
経営戦略やビジネスプロセスへの対応能力が求められております。

そのような中、常にお客様にとって「価値の最大化」となる
システムや製品・サービスを提供し、
お客様への新たなる価値の創造をとおして社会へ貢献することが
使命であり存在意義であると考えております。

私たちはこれからもお客様と共に成長する会社であり続けます。
そして、たくさんの「ありがとう」をいただける会社を目指して、
社員一同、着実に誠実に前進してまいります。

今年の一言

現場主義、進化、価値向上

私達は毎年、新たな目標を「今年の一言」として掲げ、その実現に向け努力しています。

現場主義
現場では常日頃から様々な問題に直面しています。
いかに能動的に問題に向き合い解決するか、その問題解決力が会社成長の原動力です。
問題解決力が激化する市場環境の中で他社との差別化、競争力になります。
また、付加価値を高め、代替性のないサービスも現場の創意工夫や知恵から生まれます。
進化
顧客と共に成長を楽しみながら事業を進化させます。
積重ねたノウハウ、強みを基盤にし、付加価値の高い事業へと正常進化させます。
その先に新しいビジネス価値を創出する企業へと進化します。
また、複雑で多様性をもった市場ニーズ、社会環境に対応できる企業へと進化します。
価値向上
株式上場に向け、社員、顧客、社会にとって総合的な企業価値の向上を目指します。
定期的な経営状況、業績見通しの開示による社会的な信頼度を高め、これまでと違ったステークホルダー、ビジネスステージで経験を積み社員の成長を加速します。
また、アイデアを付加価値の高い製品、サービスに転換し価値ある企業へ成長します。