クラウド・データ活用サービス

システムエグゼが得意とするデータベース技術を活かし、データ管理の見直しからデータ活用までワンストップでのサポートが可能です。 確かな技術に基づいた、経営判断や新規ビジネスに生かせるデータ分析・活用サービスをご提供します。

クラウド・データ活用サービス

溜まり続ける膨大なデータを”価値化”する

「データ利活用」「ビッグデータ」 「AI」 「IoT」「フィンテック」「データサイエンス」とった様々なキーワードが昨今注目されています。 これらの根底にあるのは、 “データを価値化することにより企業活動に変化をもたらすこと”です。 つまり、溜まり続けているデータはいわば”磨けば光るダイヤモンドの原石”といえるのではないでしょうか。 システムエグゼでは、これまでの豊富な実績による「データベース」や「クラウド」のノウハウを活用し、溜まり続けるデータを価値化することで、お客様のビジネス創造と経営改善をお手伝いします。

課題とユースケース

多くの経営層がデータ利活用の重要性を認識

多くの経営層が、ビジネスに必要なデータの利活用環境が整備され、リアルタイムに経営状況を把握できるようになることで、意思決定やアクションのスピードが速まると考えています。その一方で、自社のデータ環境に改善の余地があるとも感じています。

データ分析の課題

データ分析のユースケース

観光旅行業のケース

国内での消費は低迷しているが、訪日観光客数は順調に増加傾向を辿っている。
その一方で、観光客数等の観光関連データの多くは、各地方公共団体や顧客が保有している。
訪日観光客数の増大に向け、社会全体でこれらのデータを共有・活用し、
潜在的な観光スポットや特産品の発掘、新たな観光サービスを創出していくことが課題と考えられる。

物流業のケース

国内における少子高齢化の加速と人口の減少により、物流を支える人材の不足が問題となっている。
トラックドライバーはすでに約3割が50歳以上と、年齢構成も全産業平均を上回るペースで高齢化が進んでいる。
高齢層が退職することによって、人手不足がより一層深刻化し、物流機能に支障をきたすことが懸念されている。

データ分析のプロジェクトの進め方

お客様のデータを最適な形に整理・可視化し、溜まり続けるデータの活用を実現します。

資料ダウンロード

Oracle Cloud活用サービスダウンロード Azure活用サービスダウンロード お問い合わせはこちら