まだ間に合う!PCI DSS準拠の要 
~個人情報の検出・保護・ログ証跡~


情報漏えいインシデント全体の7割が内部からの情報漏えいを占めており、そのうち3割が管理ミスといわれています。カード関連事業者はセキュリティポリシーの強化だけでなく、2018年3月末までに*、カード情報を非保持にするか、もしくはPCI DSSに準拠することが、喫緊の課題となっています。今回のセミナーでは、企業に必要とされる内部からの情報漏洩の防止と、クレジットカード番号検索を活用した「カード情報の非保持化」確認について、P-PointerとSSDB監査の最新導入事例をもとにご紹介します。

ご多忙とは存じますが皆様のご来場を心よりお待ちしております。 *非対面の加盟店様が対象です。

開催概要

日時 ※終了しました※ 2018年2月7日(水) 14:00 〜 16:00 (受付開始13:30)
会場 株式会社システムエグゼ 本社 [→地図はこちら
東京都中央区八重洲2-7-2  八重洲三井ビルディング5階

※銀座線 京橋駅 5番出口 徒歩3分
※JR線 東京駅 八重洲南口 徒歩4分
※有楽町線 銀座一丁目駅 3番出口 徒歩4分
※浅草線 宝町駅 A5出口 徒歩5分
受講料 無料(事前申込制)
対象 すべての方
※競合他社様やそれに準じるパートナー様のご出席はお断りさせていただきます
※1社2名様までとさせていただきます
定員 40名
主催 株式会社システムエグゼ、アララ株式会社

プログラム

基調講演 14:00~14:15
(15分)
情報漏えいインシデント全体の7割が内部からの情報漏えいを占めており、そのうち3割が管理ミスといわれています。カード関連事業者はセキュリティポリシーの強化だけでなく、2018年3月末までに*、カード情報を非保持にするか、もしくはPCI DSSに準拠することが、喫緊の課題となっています。今回のセミナーでは、企業に必要とされる内部からの情報漏洩の防止と、クレジットカード番号検索を活用した「カード情報の非保持化」確認について、P-PointerとSSDB監査の最新導入事例をもとにご紹介します。*非対面加盟店対象
アララ株式会社 データセキュリティ事業部 石田 学
セッション① 14:15~14:45
(30分)
個人情報データ、ルール通りに管理できていますか?
管理ミスが引き起こす情報漏えい~検出数0件は非保持の証~
改正個人情報保護法が施行され、より厳格な管理が求められています。シェアNo.1のP-Pointerシリーズによる、各企業の個人情報管理の取り組みの事例と、クレジットカード番号検索を用いた非保持化のチェック方法をご紹介致します。
アララ株式会社 データセキュリティ事業部 石田 学
  休憩
セッション② 15:00~15:30
(30分)
DBへのアクセスログを漏れなく取得!
5W1Hでログ証跡を残すデータベース監査
PCI DSS準拠に求められる「ログ証跡」。簡単なようで実は難しく、多くの企業が頭を抱えております。
ログを溜めるだけではなく、不測の事態が発生した時の為に5W1Hでログ証跡を残すことが最も大切です。
本セッションでは、ログ証跡の重要性をご紹介致します。
株式会社システムエグゼ 山下啓介
  15:30~16:00 質疑応答/個別相談
※プログラム内容や開催日時等は、都合により変更する場合がございます。
※参加申込数が定員を超過した場合はお断りさせていただく場合がございます。
※競合他社様、本人様確認が取れないお客様につきましては、主催者並びに共催各社の判断によりお断りさせていただく場合がございます。