近年、FlexなどのRIA(リッチクライアント)製品の代替として、SPA(シングル・ページ・アプリケーション)が注目を集めており、HTML5で業務アプリケーションを構築する上で重要な機能を担う技術となっています。HTML5を利用することで、RIAと同様のユーザビリティが実装可能となり、SPAでアプリケーションを開発する上で、最も必要となる技術要素として、AngularなどのJavaScriptフレームワークを採用する必要があります。様々なJavaScriptフレームワークが存在しますが、当社はお客様のご要望にあったフレームワークにて、コスト・効率・サポート面で最適なSPA開発をご提案します。

特長

01

現行システムと同等の操作性やパフォーマンスを維持

HTML5での画面モックアップを作成し、現行画面の再現性を確認いたします。

Flexの視覚的スピードの高さと使いやすさを考慮いたします。

02

コンサルから実装、保守までの一貫したソリューションが可能

経験豊富なスペシャリストが調査・設計~移行、保守サポートまで実施いたします。

03

マルチブラウザ対応(Microsoft Edge、Google Chrome、モバイル等)

HTML5化により、ブラウザやプラットフォームを限定しない作りを実現いたします。

サービス内容

移行サービス

[無償対応]事前ヒアリング

  • 事前ヒアリング(初回訪問)

    既存システムの画面数、Flex関連の環境情報等、事前にヒアリングいたします。

  • 概算費用、工数の算出

    ソースコードを解析し、システム構築に必要な概算費用および工数を算出いたします。
    ※但し、NDA締結後、ソースコード開示いただくことが前提となります。

STEP1現行調査

  • 現行システム、環境の調査

    既存のシステム構成やデータベース構成、画面構成などの調査、分析をいたします。

  • 影響範囲の調査

    マイグレーションを行う際の、影響範囲の調査、分析をいたします。

  • 移行時の問題点の抽出

    特筆すべき問題点、リスクなどの抽出をいたします。

  • 御見積り作成

    調査内容から新システム構築に必要な費用、工数を算出いたします。

STEP2移行計画策定

  • 移行方針、計画の策定

    移行対象範囲の決定や、最適な移行方法を策定いたします。

  • 新ユーザーインターフェース案の作成

    一部、HTML5で画面モックアップを作成し、移行後の画面機能の再現性等を実際にご確認いただきます。

STEP3移行

  • 新システムの構築・導入

    移行計画策定で作成した内容の実施をいたします。

  • 移行結果の検証

    ユニットテスト、インテグレーションテスト、システムテストの実施により、徹底した品質管理をいたします。

STEP4システム保守

  • 新システムの保守サポート

    システム移行後の保守サポート業務をご支援いたします。

オプション

  • クラウド

    既存システムをクラウド環境に引越しすることで可用性の向上だけではなく、運用コスト削減を実現します。

  • データベース設計・構築

    お客様にとって最適なデータベースの設計・構築・運用保守を実施します。

  • テスト自動化

    ユニットテストを利用したテスト自動化により、導入後の運用保守コスト削減、高品質なシステムを提供します。

  • オフショアサービス

    当社ベトナムの子会社を活用し、実装・テスト工程のコスト削減を図ります。

背景

Adobe Systemsは、2020年末に「Flash(Flex)」の提供を終了し、同ソフトウェアのアップデートと配布を停止すると発表しました。また、Microsoftでも2020年までにWindowsにおけるFlashのサポートを廃止することを決定しています。

このことから、Flashで構築されたシステムはセキュリティの観点から他言語への移行が急務となっており、長期的な視点で安定したシステム構成を目指すならば、より一般的で世界標準的な言語への切り替えを考える必要があります。

システムエグゼでは、標準化団体W3Cによって勧告されているHTML5と、Flexからの置き換えに適しているSPA(シングル・ページ・アプリケーション)でのスムーズな移行を実現いたします。

お問い合わせはこちら