第3回:RPAの活用例

第3回:RPAの活用例

RPA導入の勘所

皆様こんにちは。新ビジネス推進室の國元です。

前回のコラムではRPAでどのようなことができるかや、業務の向き不向きについての一般論を申し上げましたが、より具体的な活用事例によって、どのような導入効果が考えられるかを見ていきたいと思います。

RPAの活用例は、概ね以下の6パターンに集約することができます。

データを参照して入力する

単純に書き写すような作業。システムにログインして入力画面を開いて登録する。

rpa_column_03_01.png



データの集計や出力

2つのデータをもとに、収集して二つの結果を結合したり集計して別のシステムに登録する。

rpa_column_03_02.png



照会受付・回答

メールでロボットが指示を受けて、回答をメールで返す。

rpa_column_03_03.png



データ突合・処理

単純だけど正確性が求められる処理を行う。RPA導入で最も導入効果が見えやすい業務。

rpa_column_03_04.png



データチェック・通知

申請書類と別のログ等とを突合する。

rpa_column_03_05.png



データ補正

マスタデータを最新版に更新する。

rpa_column_03_06.png



最後に、RPAの具体的な活用例を2つほどご紹介します。費用対効果や導入イメージは目安です。

活用例1

交通費精算の金額チェック

rpa_column_03_07.png



活用例2

営業状況の社内共有

rpa_column_03_08.png