新卒採用社員インタビュー:スルコワさん

スルコワさん

インフラソリューション本部はITインフラ構築のコンサルティング・実装から保守運用まで、インフラに特化したサービスを一貫体制で行う部署です。
案件は、お客様先に常駐する案件と社内に持ち帰り、事前準備を経てから構築する案件の2種類があります。
現在は持ち帰り案件を中心に担当しているスルコワさんの一日を取材しました。

9:00 メールチェックとタスクの洗い出し

出社後はメールチェックとタスクの洗い出しを行います。タスクの優先順位をつけ、効率的に業務に取組むようにしています。

9:30 担当案件に向けての準備

担当案件で構築する予定のシステムについて勉強をします。例えば、新しいサービスなどの場合は自分で調べて知識を習得するようにします。
知識を習得した後は、構築予定のシステムを社内の環境で、実際に構築し、正常に稼働するか確認をします。正常に稼働しない場合は原因を探し、また一から構築をします。
本当に困った場合は先輩に相談し、正常に稼働するまで何度でも検証を繰り返します。

14:00 お客様先にて打合せ

事前にヒアリングしたお客様の要望を元に課題確認票を作成し、お客様との打合せを行います。
案件の作業スケジュール、構築方法など細かい部分まで打合せ、認識の齟齬を無くすことが必要です。
最初に提案した構築方法を検証した結果、問題があり別な構築方法を提案することもある為、お客様との認識合わせはとても重要です。

17:00 議事録作成

お客様先での打合せの議事録を作成し、社内関係者に合意を取ったうえでお客様に送付します。

インタビュー

Q.01

入社前に不安に感じていたことは?その不安は入社後どうだった?

A

私はロシア出身ですので、ビジネスシーンで使う日本語とビジネスマナーに不安がありました。17歳で日本に留学し、日本語学校に通いながらアルバイトなどで徐々に日本語を覚えたのですが、ビジネスシーンで使う敬語には全く自信がありませんでした。様々なシチュエーションで、どのような言い方がいいのか・失礼にならない立ち居振る舞いはどのようなものなのか、という不安が大きかったです。しかし、システムエグゼには3ヵ月間の研修期間があり、敬語やビジネスマナーを徹底して教えてもらうことができました。そのおかげで、安心して配属の一日目を迎えることができました。今でも少し不安はありますが、同期だけでなく先輩や上司が優しくサポートしてくれますので、安心して業務に取り組むことができています。

Q.02

仕事のやりがいや苦労している点は?

A

仕事のやりがいは、私が作ったものが役に立ってると思えた時です。例えば、業務で手順書を作成することがあるのですが、「手順書のおかけで作業がスムーズに進んだよ」と言ってもらえた時はとても嬉しいですし、やりがいを感じます。
苦労している点は、資料を作成する際の表現方法です。まだそんなにスキルもないですし、日本語の表現に不安があるので、気をつけなければいけない部分が多く苦労しています。
正しい日本語を使うこともそうですが、相手にわかりやすく・正確に伝わるように作成しなければならないため、とても難しいと感じています。

Q.03

あなたのキャリアビジョンは? 3年後、5年後、10年後にどうなっていたい?

A

3年後までには、しっかり基礎を学んでいたいと考えています。可能な限り質が高い仕事をしたいと考えていますが、私は集中し過ぎると基礎的なミスに気付かないことがあります。 基礎的なことに気づかないことで仕事がうまく進められないこともあり、3年後にはそういったことがないように基礎をしっかりと学びたいと考えています。
5年後は、どんどん新しい技術を身につけていたいと考えています。 技術だけではなく、今よりもビジネスシーンで使う日本語も上達し、お客様との打合せでも自信を持って発言できるようになりたいです。
10年後には、今のトレーナーや先輩のように、お客様にどんなことを聞かれても答えられるようになりたいです。社内外問わず、スルコワに聞けば何でも知っていると思われるようになりたいと思っています。
また、私が外国出身なので、日本の商習慣や働き方に驚くこともありましたが、 そういったことを他の外国籍の方にわかりやすく説明でき、外国籍の方のモチベーションを上げられるような人材になりたいです。

Q.04

同期・先輩・上司やオフィス環境について

A

同期との繋がりは本当に大切にしていきたいです。 研修期間は毎日みんなと同じ課題を抱え、共有していました。 部門に配属になってからは、あまり集まる機会がなくなっていますが、同じ時点からスタートした人達がどんな悩みを持っているか、どんな姿勢で仕事をしているかを自分と比べることで、一つ上のステージに進むことができます。 これだけ多くの人が自分と同期で、本当にありがたいと思っています。
先輩と上司は、忙しくても質問をすると教えてくれ、間違えていたら丁寧に説明してくれます。私から話さなくても話しかけてくれ、常に気にかけてくれるので安心して働けます。

Q.05

就職活動中の学生へメッセージ

A

まずは、自己分析をしっかりと行うことをお勧めします。数年後に、選択した仕事を続けられるかどうかを想像し、本当にやりたい仕事を選んでください。その後、選んだ仕事ができる会社の説明会に参加し、不安な点や気になる点を質問し、不安を解消してください。
私はIT業界で働きたかったので、IT業界を中心に説明会に参加しました。システムエグゼの会社説明会に参加した時に、事業内容や教育制度の説明だけでなく先輩社員の話も聞くことができ、私が最も重要視していた「社風」を感じることができたのと同時に、私に合う会社だと感じ、この会社で働きたいと思いました。

※所属部署やインタビュー内容は取材当時のものです。