テストエース

こんなお悩みはありませんか?

  • 負荷テストのため、大量にテストデータが必要だが、ゼロから作成した場合、膨大な工数がかかる…
  • エラー発生!検証には再現確認が必要。本番データを利用したいが、漏えいが心配…
  • テストデータの数値制約やデータの関連性が本番環境データと異なるため、テストの有効性に疑問が残る…

「テストエース」が、このようなお悩みを解決いたします。

製品サイトはこちら

特長

テストデータに関する悩みをすべて解決します

01

大量のテストデータを簡単に作成したい

選ぶだけの簡単操作でテストデータがすぐ作成

02

本番環境からの個人情報流出を防ぎたい

個人情報を自動判定し、最適な変換方法で置換

03

本番環境でしか再現しない問題を解決したい

データの関連を維持した本番そっくりなデータを作成

お問い合わせはこちら

機能

機能概要図

個人情報解析機能

本番データベース内のテーブル情報の解析を行い、自動的に個人情報項目を特定・判断し、最適な変換方式をユーザーに提案します。

個人情報解析機能
ポイント
  • 特許取得のアルゴリズムで個人情報を特定

    「本番データの解析を行い、自動的に個人情報を特定し、個人情報の種類に応じたデータの変換で、本番データに近いテストデータを作成する技術」の特許を取得しています。
    ※特許取得製品 第5212980号


変換機能

擬似データ変換

本番データに類似した擬似データに変換します。

漢字の読みに対応したカナ表記
漢字の読みに対応したカナ表記
郵便番号に対応した住所
郵便番号に対応した住所

マスキング変換

置換文字を指定し、データを置き換えます。

例:文字列を「*」に変換
例:文字列を「*」に変換

開始位置や終了位置の設定も可能です。

例:4文字目から7文字目までを「*」に変換
例:4文字目から7文字目までを「*」に変換

ランダム変換

ランダム値の範囲を指定し、データを置き換えます。

例:数値をランダムに変換
例:数値をランダムに変換
例:日付をランダムに変換
例:日付をランダムに変換

ユーザー定義変換

ユーザーの定義したルールに沿って、データを変換します。

例:先頭の文字を「森」に変更
例:先頭の文字を「森」に変更
例:1文字目と3文字目を入れ替え
例:1文字目と3文字目を入れ替え
例:右に1文字移動(末尾文字は先頭に)
例:右に1文字移動(末尾文字は先頭に)

リレーション維持変換

データ変換後もテーブル間の関連性や一意性制約の維持ができ、本番環境に酷似したテスト環境を実現します。

複数テーブル間の関連性維持
複数テーブル間の関連性維持

ファイル出力機能

変換後のデータを検証環境データベースへロードするだけでなく、ファイルとして出力することも可能です。ファイル形式はCSV、TSV等に対応しています。

CUI実行機能

ユーザーインタフェースは、使い勝手の良いGUIのほか、コマンド、シェルスクリプトによるアプリケーション実行ができるCUIも搭載し、バッチ処理での変換作業も可能です。

レポート機能

実行した変換処理に関する詳細な報告帳票(対象テーブル情報、変換方式、データ抽出条件および出力データ件数)の出力を行うことができ、作業の証跡として活用いただけます。

構成・動作環境

システム構成

システム構成図

変換対象データベース

Oracle Database 10g R2、11g、11g R2、12c、12c R2
Microsoft SQL Server 2005、2008、2008 R2、2012、2014、2016
PostgreSQL 9.0、9.1、9.2、9.3、9.4、9.5、9.6
FUJITSU Software
Enterprise Postgres
9.5
FUJITSU Software
Symfoware Server
V12

変換対象ファイル

CSV形式、TSV形式

動作環境

CPU 2GHz(推奨2GHz以上)
RAM 4GB(推奨4GB以上)
HDD 1GB以上の空き容量(変換対象のデータ量に依存)
OS Microsoft Windows 2008 Server
Microsoft Windows 2008 Server R2
Microsoft Windows 2012 Server
Microsoft Windows 2012 Server R2
Microsoft Windows 2016 Server
ソフトウェア Java SE 8.0
Microsoft SQL Server 2008 R2 Express
Microsoft SQL Server 2012 Express
Microsoft SQL Server 2014 Express
Microsoft SQL Server 2016 Express

よくあるご質問

Q.01どのDBに対応していますか?
「Oracle」「SQL Server」「PostgreSQL」「FUJITSU Software(Enterprise Postgres/Symfoware Server)」に対応しております。また、CSVやTSVなどのファイル形式にも対応しておりますので、上記DB以外の場合、DBよりデータをCSV等にエクスポートすることで対応が可能です。
Q.02システムで用意されている「氏名」や「住所」以外のデータを使用して変換を行うことはできますか?
テストエースには、任意の疑似データを登録し、変換に使用する機能がございますので、ユーザー独自の変換を行うことが可能です。
Q.03本番環境とテスト環境が同一のネットワークに存在しない場合は、使用することができませんか?
テストエースでは、本番環境からのデータ取得・変換とテスト環境へのデータ登録を別々に行うことが可能なため、本番環境とテスト環境が同一のネットワークに存在しない場合でも安全にテスト環境の構築が可能です。
Q.04保険証券番号を擬似データ化することはできますか?
ユーザー定義関数という機能をご利用いただくことで可能です。
Q.05保守サービスはありますか?
ございます。詳細に関しましてはお気軽にお問合せください。
Q.06評価版ではどんな機能が利用できますか?
評価版で制限されている機能はございません。評価版には利用期限がございますが、その間は全ての機能をご利用いただけます。
Q.07メインフレームを利用中の場合、テストエースを利用できますか?
DB版は対応しておりませんので、ファイル版のみのご案内となります。
お問い合わせはこちら