株式会社システムエグゼ 次世代育成支援対策における行動計画

社員が仕事と子育てを両立させることができ、社員全員が働きやすい環境を作ることによって、すべての社員がその能力を十分に発揮できるようにするため、次のように行動計画を策定する。



1.計画期間 平成30年7月1日~平成35年6月30日までの5年間



2.内容

目標1:
 子どもの出生時における男性の育児休業の取得を促進する。
 育児休業、育児休業給付、育休中の社会保険料免除など制度の周知や情報提供を行う。

  • 平成30年 7月~  資料作成の検討開始
  • 平成30年 9月~  管理職を対象に意識改革のための周知
  • 平成30年 9月~  パンフレット資料を作成し社員へ配布


目標2:
 勤怠システムを活用し長時間労働を抑制する。

<対策>

  • 平成30年 7月~  勤怠管理を行うためのシステムを導入
  • 平成30年 7月~  管理職を対象に意識改革のための周知
  • 平成30年 7月~  定期的に社員・管理職に向け超過時間アラートを流し長時間労働の抑制を図る


目標3:
 月2日以上の在宅勤務ができる制度を本格導入するため試行拡大。

<対策>

  • 平成30年 9月~  在宅勤務のマニュアルの検討・承認フロー作成
  • 平成30年 9月~  在宅勤務の本格導入に向け試行対象者を拡大・実施
  • 平成31年 1月~  課題をクリアした段階で本格導入