システムエグゼ、「SSDB監査」をOracle Cloud環境へ対応

プレスリリース

株式会社システムエグゼ(本社:東京都中央区、代表取締役社長 酒井 博文)は、データベース監査ソフトウェアの新バージョン「SSDB監査 Logger for Oracle Ver.2.2」を、2018年5月15日より販売開始いたします。

■『SSDB監査』製品紹介サイト

https://www.ssdb-utility.com

■背景

「SSDB監査 Logger for Oracle Ver.2.1」にて、クラウド環境に構築されたデータベースの監査が可能となりましたが、今回のバージョンアップによりOracle Cloud Infrastructure、およびOracle Database Cloud Serviceでの利用も可能となります。

Oracle Database Cloud Serviceはオンプレミス環境と変わらない操作感でユーザーを拡大しつつあり、SSDB監査をOracle Database Cloud Serviceに対応することで、セキュリティ対策を充実させたい多くのOracleユーザーの要望を実現することが可能です。

■機能の強化と拡大について

  1. クラウド環境のデータベースへの対応
    Oracle Cloud Infrastructure、およびOracle Database Cloud Service上に構築されたOracle Databaseの監査が可能になりました。
    ※Oracle Database Cloud Serviceについては、一部のみ対応
  2. プラットフォーム拡大
    SSDB監査 Logger for Oracleのリポジトリデータベースを、SQL Server 2017に対応しました。
    SSDB監査 Logger for Oracleの導入環境を、Oracle Cloud Infrastructureに対応しました。

■「SSDB監査」概要

SSDB監査は、データベース操作履歴を逐次記録し、個人情報、会計情報など重要データの情報漏えいや不正アクセス、改ざんの抑止、不正アクセスの早期発見による被害最小化、および万が一事故が発生した際の原因究明や被害範囲特定に役立ちます。
分かり易いGUI画面で監査ポリシー設定や監査レポート出力が簡単に行えることが特徴であり、金融機関をはじめ多くの企業で採用頂いております。

「SSDB監査 Logger for Oracle」は、特権ユーザ―を含むOracleデータベースに対する監査ログの取得設定と、ログ収集・出力機能に特化した機能を搭載しています。取得した監査ログは、簡単操作で分析が可能なレポート機能を提供する「SSDB監査 Report Manager」や他社統合ログ管理ソフトウェアと連携しており、お客様環境に則した監査システムの構築が可能になります。

またSQL Serverデータベースのログ取得製品である「SSDB監査 Logger for SQL Server」との併用も可能で、マルチデータベース環境においても統一の運用を実現し、企業の情報漏えい対策および内部統制対策基盤の構築を支援します。

文中の社名、商品名は、各社の商標または登録商標です。


【本プレスリリースに関するお問い合わせ先】
株式会社システムエグゼ
営業本部 マーケティング部
TEL:03-5299-5352