プレスリリース

2013年10月22日

データベースのマスタメンテナンスが安全かつ低コストに行える
「DBエース データメンテナンスエディション」新バージョンリリース

~オープンソースデータベース「PostgreSQL」に対応~


株式会社システムエグゼ(本社:東京都中央区、代表取締役社長 佐藤勝康)は、データベースマスタメンテナンスツールの新バージョン「DBエース データメンテナンスエディション Ver.3.0」を、2013年10月より提供開始いたします。


人手によるデータメンテナンスの実施は多大な工数がかかるだけでなく、誤操作によるデータ消失・破壊リスク、さらに悪意による情報漏えいリスクが伴います。また、データベースのメンテナンスツールを利用している場合でも、対象システム毎にツール開発が行われるケースがほとんどのため、運用上の負荷やセキュリティ面で多くの問題を抱えています。

「DBエース データメンテナンスエディション」は、データベースの構成情報を解析し、業務担当部門や営業部門など、データベース・SQLの知識がない担当者でも簡単に対象テーブルの更新・削除・照会・登録といった一連の操作を行えるWebインターフェースをスピーディに生成します。複数にわたるテーブルのメンテナンスも可能なうえ、ユーザの操作ログを全て記録・保存できるため内部統制対策にも有効で、セキュリティ面も評価され、現在では多くの企業で採用頂いております。

■「DBエース データメンテナンスエディション Ver.3.0」の主な改善点

【「PostgreSQL」の操作に対応】

これまで対応していた「Oracle Database」「Microsoft SQL Server」に加え、操作の対象となるデータベースとして「PostgreSQL」に対応致しました。 利用範囲の拡大に加え、ご利用中の「Oracle Database」や「Microsoft SQL Server」から「PostgreSQL」に乗り換える際、メンテナンスツールの新規導入が不要となり、移行後の運用がスムーズに開始できます。

【インターフェースの刷新】

画面構成及び画面遷移を見直したことで、これまでよりも少ない動作でデータベースを操作頂けるようになりました。より使いやすく、馴染みやすいツールとして、運用業務効率向上に貢献します。



■導入メリット

【複数テーブルの一元管理】

データベース構成情報を解析し、対象テーブルの更新・削除・照会・登録といった一連の操作を行えるWebインターフェースを生成します。 複数にわたるテーブルのメンテナンスも可能で、運用業務効率向上に貢献します。

【利用シーンに合わせてカスタマイズ可能なインターフェース】

編集する値に合わせて表示や入力方法をWebインターフェース上で自由にカスタマイズでき、業務担当部門や営業部門など、データベース・SQLの知識がない担当者でも簡単に取り扱えます。

【万全のセキュリティ・コンプライアンス対策】

ユーザごとにアクセス権限や操作権限の設定が可能で、不正やミスによる情報漏えいの発生を防止します。ユーザの操作ログを全て記録・保存できるため、内部統制対策にも効果的です。



■販売開始時期

販売開始 2013年10月22日

出荷開始 2013年10月22日




■価格

販売価格 1,500,000円~(消費税抜き)



■製品詳細



文中の社名、商品名は、各社の商標または登録商標です。

【本プレスリリースに関するお問い合わせ先】
 株式会社システムエグゼ
営業本部 LIBマーケティング営業推進室
TEL:03-5299-5352

  • セミナー・ イベント情報
ページの先頭へ