社員インタビュー

会計ソリューション本部 会計業務コンサルティング部 課長 M・Nさん

インタビュー
入社前のキャリアについて教えてください。
新卒でSierに就職をし、主に金融業界の開発を担当しました。
製造工程を中心に下積みを行い、約5年勤務しました。

2社目は東証一部上場のIT会社で、
自社製品の企画から開発を担当していました。
システム企画を立案し、システムの投資対効果をあげるには
どうすべきかなど、当初は初めてのことだらけで戸惑いました。

開発に関しては、担当していた市場の流れが速い為、開発からリリースを最短にできるように、ウォーターフォール型開発技法とは別に、アジャイル型開発技法を取り入れ開発を行いました。

また、当時は自社開発が100%でしたが、何割かをアウトソーシングする為に、
契約から業務フローの作成などの仕組み作りという開発とは別の事も担当させて頂いていました。

3社目でシステムエグゼに入社しました。
現在担当している業務内容を教えてください。
現在は、お客様が新たな事業を展開することになり、
システム対応の為のプロジェクトを立ち上げ、PM(プロジェクトマネージャー)をしています。
現在のステージは基本設計をしているところです。

プロジェクトを立ち上げる前は、実業務のヒアリング、現在稼働しているシステムの分析を行い、
システムコンサル的な立ち位置で開始しました。
そこからシステムの提案を行いました。

現在の私のメイン業務は、お客様の新規事業の内容を把握、課題検討の為の資料作成、課題解決の為のお客様との打ち合わせ、その結果、新システムに反映できるように動いています。
また、要件に対しての予算調整、それにかかる要員調整・要員面談、スケジュールの進捗確認、仕様レビューなど、PMとして様々な経験をさせて頂いています。
システムエグゼに転職を決めた理由を教えてください。
大規模な案件が多くあり、自身で考えてより良いソリューションを提案できると思った為です。

また、当時面接を担当していただいた
荻野取締役に惚れたという要因も大きいです。
ちなみに、荻野取締役は男性ですが(笑)

面接の際に、「出る杭は伸ばす」というのが会社の信条であることを真剣に語っていただき、この方と一緒に働きたいと思ったことが転職を決めた理由ですね。

システムエグゼと同業他社の違いは何ですか?

専門分野ごとに本部があり、迅速に意見交換や相談することができる為
お客様に最高のソリューションが提供できることです。

今回のプロジェクト発足時も、インフラ部分の構築に関してお客様から相談を受けました。
私の苦手分野だった為、DB本部の方に相談をしました。
迅速に対応してくれたおかげで、お客様に対し最適なご提案をすることができ、
お喜びいただくことができました。

また、同じ本部内は勿論ですが、本部が違っていても迅速に連携が取れますし、
各本部にスペシャリストがいるというのはシステムエグゼの強みだと感じます。

また、本部が多いので適材適所で活躍の場が多いこともシステムエグゼの特徴だと感じています。
実際に私は、入社後、現在の本部に異動しています。

システムエグゼの雰囲気について教えてください。
私はフットサル部に所属しているのですが、
仕事では接点のない他本部の方ともフットサルを通じて交流しています。
メンバーは新卒の20代前半〜40代までいて、本部が違えど楽しんでいます。

業務での接点はなくても、お互いの仕事の話やプライベートなことまで話すことで打ち解けられるので、
必然的に雰囲気が良くなります。

フットサル部の他にも野球部もあります。
全社的に明るく話しやすい方が多いので、雰囲気が良いと思います。
今後の目標(部門、チーム、個人いずれでも可)について教えてください。
今後の目標は2つあり、1つは世界で通用するシステム開発に携わりたい思っています。
私の上司がよく話してくれたことですが、日本国内だけでのビジネスはいつか限界がくるので
これまでの経験や知識を基に日本だけではなく、世界に通用するシステム開発、パッケージ製品などを作りたいと思っています。

もう1つは、北陸に1つの事業所を立ち上げたいと思っています。
理由はここでは話さないですが、是非一緒に手掛けませんか。
その為にも直近のプロジェクトを成功に導く為、1つ1つの業務を着実に成し遂げていきたいと思います。

システムエグゼへの転職を検討している方へメッセージをお願いします。
新しいステージにチャレンジしたい方、
自身の力を試したい方は、
ぜひシステムエグゼに応募していただきたいと思います。

年齢や経験に関係なく、
やる気があれば本当に抜擢してくれる会社です。

チャレンジ精神旺盛な方はぜひ応募してください。
一緒に頑張りましょう!

※所属部署、インタビュー内容は取材当時のものです。
ページの先頭へ