インフラソリューション本部

インフラソリューション本部
インフラソリューション本部について

お客様の事業戦略を実現する為の要となるITシステムの最適かつ先進的なインフラ環境のご提案と、ITインフラに関する様々な課題(ITインフラ投資、システム化検討、現行環境の課題、複雑な運用ルール)の解決に向けた最適なサービスやソリューションをご提供します。
独立系IT企業の強みを活かし、様々なハードウェア、ソフトウェア、クラウド基盤、通信キャリアの中から用途やコストに応じた最適な選定を行うとともに、コンサルティングから実装・保守・運用管理までワンストップでのサービスがご提供可能です。

現在の業務について教えてください
T・A

私は部門長としての仕事が7割、プロジェクトでの作業が3割くらいのバランスで業務をしています。部門長としての仕事は、お客様への提案や営業活動など含めた部門の収支管理と、バランススコアカード(BSC)を使用した部門計画と部門メンバーの目標設定を管理する事が主な業務です。
現在参加しているプロジェクトでは、プロジェクトマネージャー(以下PM)補佐を行っています。実施内容はPMの役割の一部になりますが、課題管理、スケジュール管理、品質管理です。場合によっては技術者と同じような作業も行う場合がありますが、実際のメンバーの仕事ぶりや現場の状況を知ることが出来る貴重な時間でもあります。
本部のビジョンをメンバーへ浸透させ、メンバーの仕事ぶりやスキル・成果を本部フィードバックすることも重要な仕事の一つです。

H・I

現在は、大手企業の情報システム部門に常駐しています。
主な業務は、ベンダーさんの進捗管理や品質管理に加え、業務統合に向けたデータセンター移行作業のプロジェクトに参画しています。他には、チーム長としてのメンバー管理や収支管理も重要な仕事です。
業務バランスとしては、現場7割・チーム長として3割くらいのイメージです。

F・T

私は現在、大手不動産会社様に常駐し、情報システム部門の支援業務を担当しています。
主な業務はプロジェクトマネジメントで、お客様様と一緒にスマホアプリのプロジェクト全般の管理をしています。具体的には、スケジュール管理・コスト管理・品質管理・ベンダーさんのコントロールなどが私の業務です。
私はミドルスペシャリストなので、技術力を磨くことがミッションとなり、業務でも必要なプロジェクトマネジメントのスキルを磨いております。

Y・K

私は、大手ベンダー様の案件で金融系システムの構築案件に先輩と二人で携わっています。担当しているのは、設計〜構築〜テストとなります。
現在、扱っているのはアプリケーションサーバーやECTPサーバー、メッセージ・キューイングなどのミドルウェアがメインで、IBM製品を使って設計しています。

H・N

私も大手不動産会社様のプロジェクトに携わっています。
参画しているのは、不動産の知識が必要なプロジェクトではなく、お客様のセキュリティ強化の為のプロジェクトです。
主な業務は、システムの操作ログを収集し、一ヵ所に集めるプロジェクトで設計〜構築〜テストの担当をしています。

本部の雰囲気を教えてください
  (どんな人が多い?どんな人が活躍できる?)
Y・K

インフラソリューション本部は、アットホームな感じで仲が良い本部です。
先輩、上司は話しかけやすい人が多く、丁寧にサポートしてくださるので、仕事がしやすく居心地の良い本部だと思います。
常駐していても本部や部門の会議や飲み会など集まる頻度が多いので、様々な人と話す機会があると思います。残業は少ないですし、有給も取りやすい本部ですね。

T・A

Y・Kさんは現場で人気があるらしいです。

Y・K

いやいや、そんなことないです。ただイジられているだけなので…。

F・T

現場でのあだ名があるんでしょ?

Y・K

ありますけど、それは一緒に常駐している先輩が言い出しただけです。それが原因でもあるんですけど、現場ではすごくイジられています。

F・T

現場で可愛がられているね(笑)。

T・A

インフラソリューション本部は、社内は勿論ですけど、お客様もパートナーさんも良い方ばかりですね。

Y・K

本当にそう思いますね。嫌な人がいないですね。

H・N

私は先輩、上司、同期含め、個性豊かな方が多いと思います(笑)。
部門間での垣根が一切なく、団結力が高い本部だと思いますね。そして居心地が良く、自分の意識を高められる本部です。
一緒に現場に入っている先輩や上司を見ていると、仕事が出来て心に余裕があり、冗談を言って笑わせてくれたりするので、本当に凄いと思います。

F・T

私もH・Nさんの言う通り、個性豊かな方が多いと思います。総じて仲は良いと思います。周囲を巻き込んで何かをするのが好きな人と、巻き込まれて楽しむのが好きな人のように、タイプは二極化していると思いますね。
本社に帰社する機会が月に一、二度あるのですが、その際に部門長がいると必ず飲みに行きますね(笑)。

H・I

私の部門は、部門長がお店を予約してくれることが多いですね(笑)。本当に仲が良い組織だと思います。
飲み会ネタ以外では、部門ごとに勉強会を開催していますが、他部門からも参加してくれます。
勉強会などの自主的な取組みも部門横断で参加する自律性があるので、開催予定を通知すると積極的に参加してくれます。あとは、全社と比較して平均年齢が若い本部だと思います。

T・A

全体的に「仕事を早く終わらせる」「効率的に仕事をする」ということが徹底されている本部だと思います。
例えば、稼働が高い場合に「一時的に仕方がないのか」「何か原因があるのか」「契約に問題はないか」といったことを部門長レベル全員が意識することで、そうした雰囲気が出来上がっていると思います。
その為、無駄な残業や非効率な作業は無いので、みんなが働きやすく感じていると思います。

この本部でのやりがいは?
   本部でよかったこと、苦労したことを教えてください
H・N

私は入社三年目ですが、今年から希望だったインフラの案件に参画しています。
現在のやりがいは、元々希望だったインフラの仕事を担当させてもらえることは勿論ですが、先輩や上司がメンバーの話をとても聞いてくださる点です。
やりたくないなと思うこともありますが、希望していた業務が出来ているので、前向きに取り組めています。

F・T

よかったことは、入社二年目の時に一年目で経験した案件と近い案件のプロジェクトリーダーを任されたことです。現在のインフラソリューション本部責任者が当時の上司だったのですが「責任は持つから好きにやっていいよ」と、背中を押してくれました。
やりがいは、「やる気があれば任せてくれる本部」であることと、上席の方々が「責任は取るから」と背中を押してくれることですね。この本部で働くことが出来て、本当に良かったと思います。

H・I

私もF・Tさんとほぼ一緒で、自身がやりたいと思うことを上司が汲み取ってくれ、進みたい道を進ませてくれる環境であるということです。
例えば、「インフラのサービスメニューで新しいことやりませんか?」と提案したところ、一年間の勉強会を通してサービスメニューの検討をさせてくれたり、管理職になりたいという希望を叶えてくれる環境にやりがいを感じます。
正直、一年目の終わりから二年目の初めがすごく辛かったんです(笑)。それでも転職を考えなかったのは、周りの方にとても支えてもらったので、少しでも恩を返さなければ申し訳ないという思いが強かったからです。
今は私も支える側だと思うので、辛そうな方を支えていけるように努力しています。

Y・K

私も、先輩・上司の方々が、若手の希望や意見を汲み取ってくれることにやりがいを感じます。直近で言いますと、私の希望で現場を変えていただいたことですね。
入社当初から約二年半の間、同じ現場で作業していたのですが、他の現場で働いている同期と話すうちに「このままでいいのかな?」と思い、上司に相談をした結果、今の現場に配属してくださいました。
他にも、新人の教育を経験したいと話したところ、4月から新人の教育係も任せていただくことになりました。

T・A

上位役職に就くと、これまで見えなかった世界が見えるようになり、やりがいを感じます。勿論、責任も伴いますが、自身の裁量で実施できることが増え、楽しいです。
部門の目標設定や営業手法や施策など、部門の仲間と考えて実施できるのが面白いです。単に上から落ちてきた仕事や与えられた仕事をやるだけでは、つまらないと思います。
自分で「こうしたことをやりたい」「こんな取り組みがしたい」という方は多くのやりがいを感じていただけると思います。

勤務時間、残業、休日出勤など、
  ワークライフバランスについて教えてください
T・A

メンバーは「部門長は忙しそう」とか「たくさん仕事を抱えている」というイメージを持っているかもしれませんが、私自身に関して言えばそれは当てはまりませんね。正直、17時から飲みに行きたいので(笑)。
確かに、忙しい時は忙しいですけど、早く帰れるときは帰ります。メンバーにもそのような考えで働いて欲しいと思っています。ただ早く帰るのではなく、生産性を上げる為に技術力を磨いて欲しいと思います。ワークライフバランスを実現する為のポイントはそこだと私は考えています。

H・I

現場業務で言いますと、T・Aさんが話した通りで生産性の考え方があり、残業は少ないと思います。休日出勤が発生することもありますが、代休は必ず取得できますし、そこに関しては本部全体で同じだと思います。
個人的には、社内業務を色々と掛け持ちしているため、以前、三週連続で現場から本社に戻らなければいけなかった時などは少しキツイかなと感じました。それでも、自分の希望で任せてもらっていることなので、文句は言いますが、不満はありません。ストレスは飲み会で発散します(笑)。

F・T

お客様先に常駐の社員は、現場によると思います。
私の場合は、お客様先で「働き方改革」が推進されており、20時を過ぎるとPCが強制的にシャットダウンされて利用できなくなります。どれだけ忙しくても20時に合わせてスケジュール管理をしなければならないです。その為、残業は本当にありませんし、休日出勤も基本的にはありません。
前の現場は非常に忙しかったので、現場次第だと思います。

Y・K

残業はあまりしたくないので、なるべく早く帰りたいという気持ちはあります。ただし、T・Aさんが話したように、早く帰るには技術力が必須だと感じています。私の場合は、設計の経験が無く、レビューをどういった観点で実施したらいいのかがわからず、資料作成とレビュー時間が長く掛ってしまったりするので。
それでも、20時には帰宅していますし、残業しても「辛い」とか「嫌だ」という感覚はありません。今は技術力も経験も無いので仕方ないと思いますし、残業した場合でも残業代が出るので嫌だと思ったことは無いです。

H・N

私はなるべく定時ダッシュできるように心掛けています(笑)。
帰れる時と帰れない時が極端に分かれますが、私も残業が嫌だと思ったことはありません。
Y・Kさんと一緒で技術が追い付かず、先輩より時間が掛ってしまうので、気が付いたら20時になっていることもありますが、その過程が楽しいので全く嫌ではないんです。
ですが、残業するとその分だけ会社の利益が減ってしまうことになるので、無駄な残業をしないことは常に意識しています。

本部やご自身の将来像と直近の目標を教えてください
F・T

元々は「歌って踊れるSE」じゃないですけど、何でもできるSEになりたいと思っていました。インフラだけではなくアプリの知識もあり、開発も出来たら完璧だと考え、そうなりたいと思っていました。
現在の本部責任者も、元々はアプリ開発をされていて、今はインフラソリューション本部の責任者なので、目標にしています。
直近の目標は、今の現場でPMスキルを磨きたいです。
今はPMを任せていただいており、とても楽しいと感じていますが、将来的にはマネジメントをしたいのでマネジメントコースのキャリアを選択し、管理職を目指したいです。

Y・K

私は…将来的にはお嫁さん(笑)。というのは冗談で、将来的に…正直まだそこまで考えたことがないです。
スペシャリストコースかマネジメントコースかも考えられていないので、どちらを選択したいかというよりも、まだ自分の適性が見えていないです。
今は「とにかく技術を身につけるのみ」という感じで業務に取り組んでいます。
直近ですと、今年中にミドルウェア周りの資格を2つ取得することが目標です。
これまでも現在も、ずっとミドルウェアに触れているので、重点的に取り組むことで資格を取得し、技術を身につけられれば、その製品に関しては極められると考えています。
とりあえず今はミドルウェアに絞り、突き進もうと思っています。

H・N

直近の目標は、部門の年間目標の達成と今携わっているプロジェクトを何事もなく成功させることです。
将来的には、私はスペシャリストコースを選択したいと考えています。というのも、ネットワーク技術が好きなので、まずは知識を得て経験を積み、一つの業界に特化したインフラエンジニアを目指したいです。

H・I

直近ですと、ネットワークとセキュリティについての知識を身につけていかなければと考えています。
これまでは仮想化という技術にばかり携わってきましたが、システムの先々の在り方を考えると必須の知識だと思う為です。まずは、資格取得や技術の習得をしていきたいです。
チーム全体ですと、現場が偏ってしまい、メンバーが一人で常駐できる体制になっていないので、そこを改善したいです。私が思い描く「あるべきチームの姿」は、一人ひとりのメンバーがPMとして、それぞれ現場を担当するというものです。その為に、案件を進めるのに必要な知識や案件の進め方などをチーム内の勉強会で共有し、仕組み作りをしたいと考えています。
本部としては、ネットワークとセキュリティの専門部署がないので、将来的にはそうした部門を作れたらいいと思います。

T・A

年間で計画している売上や利益、人員の目標に拘らず、目標以上の数字を目指したいです。
案件が発生した際、リソースが厳しくても「こうすれば受注できるから提案してみようよ」など、メンバーからは無茶な事ばかり言っていると思われていますが、私としてはそうした部門を目指したいです。自部門の収支が目標を達成していたとしても、目標だけに縛られず、上を目指していかないと成長スピードが落ちてしまう為です。
売上・利益を増やすことは勿論ですが、一番達成したいのは今のメンバーが一人も減ることなく人員を増やし、30名規模の部門にすることです。
それが本部の成長にも繋がりますし、会社の成長にも繋がると考えています。

当社に転職を検討中の方へメッセージをどうぞ!
H・N

インフラの仕事はIT業界の中では裏方で、知名度も人気もないと思いますが、IT業界の根幹となる部分で本当に重要な仕事だと思います。その為、興味が無い人は関心が無いと思いますが、裏方の仕事が好きな人にはとても向いている仕事だと思います。
もし、少しでもインフラの仕事に興味があれば、他の会社ではなく当社で働くべきだと思います。成長できる環境がありますし、先輩・上司・お客様も良い人ばかりです。

Y・K

インフラソリューション本部は女性でも働きやすい本部だと思います。新人の頃はお客様扱いでしたけど、今は全くありません。良い意味で男女の分け隔てがなく、セクハラも無く、先輩・上司がみんな優しいです。
正直、私は何の技術も無い状態で配属されましたが、それでも優しく丁寧に指導してくれました。
休暇も取得しやすいですし、インフラソリューション本部に配属されて良かったです。
安心して働ける環境なので、これからもずっと働きたいです。

H・I

インフラソリューション本部は他本部と違い、様々な業界に関わることができるので、面白みがあります。
また、自身の希望を言いやすい本部だと思いますし、その希望を受け止めてくれる先輩・上司が多いです。インフラ業務をしている会社の中で一番良い会社だと思います。

T・A

自ら考えたことを実践できる本部だと思います。
BSCという年間目標の仕組みは、メンバーの考えなどを反映して作り上げるので、やる気がある人やキャリアパスが明確な人は楽しいと思います。
インフラソリューション本部に配属され、全員と仲間意識を持ちながら成長したいという意欲的な人に、ぜひ入社して欲しいと思います。

F・T

インフラソリューション本部は飲み会が好きな人が一番合うと思います(笑)。
部門間を跨いで飲み会を開催しているので、あっという間に打ち解けて楽しく仕事ができると思います!
勿論、飲み会が好きじゃない方も、本当に仲が良い本部なのですぐに打ち解けられると思います。
役職者の方々が、本当に男気があるので、良い本部だと思います。
ギクシャクした雰囲気は一切ありませんので、一緒に楽しく仕事をしましょう。

※インタビュー内容は取材当時のものです。
ページの先頭へ